*

ノロウイルス〜家庭内感染を防止しよう〜



ノロウイルスの家庭内感染を防ぐ方法・ノロウイルスの症状・治療など
について分かりやすく紹介します!

ノロウイルスはどうやって感染するの?

  ウィルスが口や目などの粘膜から、体の中へ入ることで
感染します。

ウィルスが体の中へ入るケースの例をあげます。

1.ノロウイルスに汚染された貝類を十分に加熱(85度1分以上)
  しないで食べた場合。

2.患者さんの嘔吐物や下痢をしたトイレを掃除するときに
  わずかなしぶきが飛び散ったり、汚物のそばの空気を
  吸ったりすることで感染。

3.ノロウイルスに汚染された衣類や食べ物、物品(タオルや蛇口・
  ドアノブなど)を健康な人が触るとノロウイルスが手に
  つきます。
   その手でせんべいやパンなどを手で食べると
  ウィルスが体の中に入り、感染する場合があります。

  また、ウィルスのついた手で目をこすったり
  することで感染する場合もあります。

  ”手洗いをしましょう〜”とあちこちでよく聞きますが、
  手のしわの細かいところにもウィルスは、しっかり
  くっついているので
  石けんをつけてゴシゴシこすって手首まで丁寧に洗わないと
  効果がないと思われます。


  *ウィルスは目に見えないのでほんとにやっかいですね。

 この他にもいろいろ感染する経路はあると思います。

 ウィルスを持ってる人が手を洗う際、蛇口をひねります。
このとき、蛇口にはウィルスがつく可能性があり
健康な人が手洗いのあと水を止めようと蛇口を
さわったら感染したりするかもしれません。

 タオルの共用も感染経路になりうるかもしれません。

このように家庭内で、完全に感染を防ぐのは難しいですが
汚物の処理をするときぐらいは、マスク・手袋・エプロンの着用を
心がけたいものですね。

そして、見た目は元気だけれど、ノロウイルスをもっている
場合もあるので
どんなときも、しっかりゴシゴシ手洗いしましょう。

でも殺菌できるからといって、手をキッチンハイターなどの
塩素系の漂白剤で消毒することはやめてくださいね。

手がただれるかもしれません。      

                           ↑↑↑このページのTOPへ


Copyright (C) 〜ノロウイルス〜家庭内感染を防止する〜 All Rights Reserved.