*

ノロウイルス〜家庭内感染を防止しよう〜



ノロウイルスの家庭内感染を防ぐ方法・ノロウイルスの症状・治療など
について分かりやすく紹介します!

ノロウイルスとは?

 ノロウイルスは牡蠣などの2枚貝の中で凝縮されたウィルスの
一種で人間の小腸の中で増殖します。

 そして、増殖したウィルスが急性胃腸炎を引き起こし、
下痢や嘔吐の症状が出ます。

 アメリカのオハイオ州ノーウォークにある小学校で胃腸炎が
集団発生し、その患者らから初めて見つかったウィルスなので、
その土地の名前をとって「ノーウォークウイルス(Norwalk virus)」
と名付けられました。

 牡蠣から感染するということで、生で食べるだけでなく、
鍋の材料としても使う人が減っていますが、
牡蠣から感染するより、人から人へ移る危険の方が
高いようです。

 患者から排泄された排泄物、もしくは吐物は下水を通って
汚水処理場へ運ばれます。

浄化してもウイルス の一部は、河川に排出されるため海へ
流れます。
すると、再び牡蠣などの貝類の中で濃縮されて、ウィルスがたまって
しまいます。

その汚染 した貝類を生のまま食べると再びウイルスは
人の体の中に入るため、また感染を繰り返してしまいます。

 ウィルスは85度の温度で1分以上加熱すれば死滅すると
いわれているので貝類を食べるときは、これを目安にして
感染を防止しましょう。

ノロウイルスの他に、ロタウィルス等も
感染性胃腸炎の原因になります。

ロタウィルスは重症になることもあるので注意
が必要です。

                           ↑↑↑このページのTOPへ



Copyright (C) 〜ノロウイルス〜家庭内感染を防止する〜 All Rights Reserved.